どんな方法でメンテナンスすれば良いのか

>

温度変化に弱い鍋

十分に冷ましてから洗おう

料理をしたら、すぐに洗うことは大事です。
汚れた状態の鍋を放置し得いると、汚れがこびりつく原因になります・
ですが、火を使った後あとの鍋は温度が高いです。
いきなり冷水につけると、鍋がダメージを受けるので冷ましてください。
手で触れるぐらいの温度になったら、冷水につけても大丈夫です。
早く洗いたい人は、料理が終わってすぐ冷水にかつけると思います。

ですが鍋に、ダメージを与えていることを理解してください。
素材に鉄が使われている鍋は、温度変化に弱いと言われています。
温度変化にさえ気をつけてしていれば、綺麗な状態を長持ちさせることができるでしょう。
気に入っている鍋が使えなくなったら、ショックを受けるので丁寧に扱いましょう。

うまく汚れを落とすコツ

鍋が冷めるまで放置するのは良いですが、何もしないと汚れがこびりついてしまいます。
中に、ぬるま湯を入れてください。
そのままの状態で放置していると、汚れが落ちなくなって、力を入れて擦ってしまう原因になります。
この時、冷水は使わないでください。
いきなり冷たい水を入れると、温度が急に変わってしまいます。
ぬるま湯なら大丈夫なので、鍋を使い終わったらとりあえずお湯を入れておきましょう。

目には汚れが見えていなくても、実はたくさん汚れていることがあります。
ぬるま湯を入れておけば、軽く擦るだけでも簡単に汚れを落とすことができます。
すると、メンテナンスの時間を短縮できるでしょう。
忙しい人でも、しっかりメンテナンスできます。


この記事をシェアする