どんな方法でメンテナンスすれば良いのか

>

丁寧にフライパンを洗おう

事前に油を拭き取るのが良い方法

野菜炒めや揚げ物をする時に、フライパンに油をしくと思います。
油がついている状態のまま、フライパンを洗わないでください。
すると汚れが、落ちにくくなってしまいます。
なかなか汚れ落ちないと、力を入れて強く擦ってしまう人が見られます。
タワシなど、硬いもので擦る人もいます。
しかし力を入れて擦ったり、タワシで擦ったりするのはいけないことです。

フライパンに余計なダメージを与えて、状態を悪くしてしまいます。
事前に油を、キッチンペーパーで吸い取ってください。
それから洗えば、軽い力で擦るだけでも綺麗に汚れを落とすことができます。
フライパンが傷つかないので、コーティングも剥がれません。
毎回、油を拭き取ってから洗いましょう。

洗剤の使いすぎに注意しよう

たくさん汚れがついていると、洗剤をたくさん使ってしまう人いるでしょう。
実は、洗剤を使いすぎることは、フライパンに負担を与えます。
フライパンを長持ちさせたい場合は、洗剤を少しだけ使ってください。
先にキッチンペーパーで汚れを軽く落としてから洗剤で擦ると、綺麗になります。
また柔らかいスポンジでも十分洗い落とせるので、硬い金属製のタワシなどは使わなくても大丈夫です。

洗剤を使いすぎることは、地球環境にも悪影響を与えます。
これまで洗剤を、たくさん使っていた人は改めてください。
少量でも、水をつけてスポンジを軽く擦ることでたくさんの泡が出てきます。
どうしても泡が足りないと感じたら、少しだけ洗剤を追加してください。


この記事をシェアする