どんな方法でメンテナンスすれば良いのか

>

それぞれの調理器具のメンテナンス

定期的に研ぐこと

包丁を使い続けていると、歯がボロボロになります。
切れ味が悪くなった際が、メンテナンスのタイミングです。
一時的に切れ味が悪くなったとしても、研げば切れ味が復活するので安心してください。
研ぐ時は、砥石を使います。
砥石を使って包丁をうまく遂げ研げるか、不安に感じている人が見られます。
数回包丁を擦るだけで、メンテナンスが完了するアイテムが販売されています。

これまでに砥石で研いだことがない人は、そちらを使った方が良いかもしれませんね、
使い方がわかっていないのに、無理に砥石を使うとケガをする危険性があります。
使いやすいアイテムを使って、メンテナンスをしてください。
きちんと包丁を研いで、長持ちさせましょう。

水分をしっかり拭き取ろう

いろんな素材の包丁がありますが、水分に弱いことはどの素材でも言えます。
包丁を洗ったあとは、自然乾燥させることはやめてください。
きちんと、乾いた布巾で拭いてください。
また、包丁は食器洗い機などで洗えないことが多いです。
自分の手で、包丁を洗ってください。
使い終わった後は、すぐ洗うことを意識しましょう。
汚れを放置していると、こびりついてとれなくなってしまいます。

野菜と肉を切る時は、野菜を切ったあとは一旦洗ってください。
綺麗な状態にしてから、肉を切りましょう。
そのやり方だと汚れがこびりつくことを回避できますし、衛生的です。
包丁が汚れていると、食材に汚れやバイ菌が移動してしまうので、衛生面の問題があります。


この記事をシェアする