調理機器はメンテナンスをして長く使おう!

どんな方法でメンテナンスすれば良いのか

それぞれの調理器具のメンテナンス

メンテナンスしないと、包丁の切れ味が悪くなります。 すると上手く、食品を切ることができません。 料理がはかどらなくなってしまいます。 ずっと切れ味を維持するためには、研ぐことが重要です。 包丁の研ぎ方を学んでおきましょう。 簡単に研げる、アイテムも販売されています。

丁寧にフライパンを洗おう

雑にフライパンを洗うと、すぐに状態が悪くなってしまいます。 どんな時でも、丁寧に扱うことを意識してください。 優しく扱えば、フライパンを傷つけずに済みます。 なるべく、フライパンが受けるダメージを減らしてください。 すると綺麗な状態が、いつまでも続きます。

温度変化に弱い鍋

使っている鍋の、素材を確認してください。 素材ごとに、メンテナンスの方法が変わります。 温度変化に弱い素材の場合は、冷ましてから洗いましょう。 冷水につけて急に温度が低くなると、ダメージを受けてしまいます。 特に鉄でできている鍋は、温度変化に注意しましょう。

切れ味を維持するために

包丁は、定期的に研がないといけません。
砥石を使ったり、擦るだけで簡単に包丁を研げるアイテムがあります。
長く使っているのに包丁を研がないと、歯がボロボロになって切れ味が悪くなってしまいます。
また包丁は、水分に弱い種類が多いです。
洗ったら、きちんと拭いて水分を取ってください。
水分が残っている状態で放っておくと、切れ味が悪くなる原因になります。
使い終わった後は、すぐ洗うことも徹底しましょう。

フライパンは、優しく洗うことが重要です。
タワシで強く擦ると、傷が付いたりコーティング剥がれたりする原因になります。
油を使い終わった後は、キッチンペーパーで拭き取ると良いですね。
すると、強く擦らなくても綺麗に汚れを落とせます。
実は洗剤をたくさん使うことも、フライパンには良くないと言われています。
先に油を拭き取っていれば、洗剤をたくさん使わなくても大丈夫です。

鍋をメンテナンスする時は、急激に温度が変化しないように注意してください。
今まで火を使っていて熱かったのに、急に冷水をかけると温度が急に変わります。
すると鍋に、大きな負担を与えます。
ダメージを与えると、壊れやすくなるのでやめてください。
冷めてから、冷水を使って洗いましょう。
なかなか汚れが落ちない時は、ぬるま湯にしばらくつけておくのが良い方法です。
すると汚れが浮き上がってくるので、洗いやすくなります。
丁寧にメンテナンスしていれば、どの調理器具も長く使用できます。